2,2'-ジメチルビフェニル-4,4'-ジアミン
                                            N-(1,4-ジメチルフェニル)ベンゼン-...
                                            2,3,4,5-テトラフルオロベンゾイル...
                                            2-クロロ-N,N-ジメチル-10H-フェ...
                                            ベンゾフェノン-4,4'-ジカルボン酸
                                             
                                             

                                          触媒による水素添加は陽光薬業の伝統的な得意技術で、化学構造式複雑な新薬及びその中間体は当社が力を入れて、育成している得意技術です。精細化工分野の競争が段々厳しくなっていくことをよく知っています、”船が水の流れの逆方向に沿って行く時、前に進まないと、実際もう水の流れに後ろに流された”のことで全員を励まして、絶えずに頑張ります。研究のスタッフをだんだん増えます、どんどん新しい分野を開拓します。研究チームは”陽光薬業の独特な技術とノーハウを持つ、陽光薬業の核心競争力を育てる”の理念をガイドとして頑張っています。

                                          研究開発体系:
                                          1、平均年齢27歳ぐらいの多くの博士、修士及び大学生の有機合成専門の合成チームがあります。十数名分析機器の使用経験がよくある分析担当がサンプルを分析します。また多くの実際生産経験を持っているパイロットチームがあって、パイロットプラントでラボの工程を確かめと改善できます。そして、キロレベルの製品の生産もできます、国内外の委託加工が協力できます。
                                          2、多くの国内の有名な大学また海外の有名な会社の中国事務所と緊密な合作関係があります。サンプル構造の分析、資料の調べ、合成ルートの検討などについて専門的に指導をよく頂きます。
                                          3、当社の管理者は人材を大事にしています、才能さいあれば採用します。有機合成に興味を持っている方、仕事が真面目、誠実にする方、がやる気を持って方は陽光薬業に来られると、必ず才能を発揮できます。科学を尊敬する、創造力を大事にする理念と成績があれば、相当の待遇がある、待遇が期待したよりいいの体制が既に本当の学問がある才能がある方を当社の研究開発チームに引きつけました、これからももっと増えてきます。
                                          4、 当社は研究開発にお金を掛るのが惜しくないです。購買部の専門担当が必要な試薬薬品、試験設備を買います。研究開発の投資は営業額の6%になっています。

                                          得意技術
                                          1、触媒による還元水素化反応(例えば:4−アミノ安息香酸、ベンゾケイン)
                                          2、超低温反応(?-78℃)
                                          3、水素添加によるベンジル基の脱離反応
                                          4、芳香族環又は複素環の水素添加で飽和及び部分飽和
                                          5、希硝酸による酸化反応
                                          6、フリーデル?クラフツ反応、
                                             アルキル化/アシル化反応
                                          7、グリニャール反応
                                          8、クライゼン縮合反応
                                          9、インドール複素環部分の合成(例えば:4―ヒドロキシインドール)
                                          10、高圧反応(アンモネーション等)
                                          11、芳香族環の水素添加
                                          12、オキシムの水素添加
                                          13、マンニッヒ反応(Mannich)
                                          14、還元的なアルキル化反応
                                          15、電材用モノマーーーの精製技術
                                          16、ホスゲンによるアシル塩素化反応

                                          当社は海外の顧客に合成製品の委託加工の業務とサービスをご提供した経験があります、厳しい機密を守る制度があります。顧客と締結した機密守る協議をしっかり実行します、信用がいいと評判されます。

                                          精製工程:
                                          1 . 減圧蒸留
                                          2 . 高性能蒸留
                                          3 . 冷却結晶
                                          4 . 結晶昇華

                                          高圧反応釜:
                                          ラボスケール: 100ml,500ml,1000ml,2000ml
                                          ラボの最高圧力 : 12Mpa
                                          パイロットスケール:50L(ワンセット,12.5Mpa),100L(ワンセット,1.59Mpa)
                                          パイロットの最高圧力:12.5Mpa
                                          生産スケール:
                                          500L(ツーセット,1.59Mpa,11Mpa),1500L(ワンセット,6Mpa)
                                          2000L(ワンセット,1.59Mpa),2500L(ツーセット,1.59Mpa)
                                          3000L(ツーセット,1.59Mpa),4000L(五セット,1.59Mpa)
                                          4000L (ワンセット,4.4Mpa), 6000L(ワンセット,1.59Mpa)
                                          量産化の最高圧力:11Mpa

                                            ホームページ | 会社概要 | ニュース | 製品 | 会社写真 | 研究開発 | 品質管理 | 人材募集 | オンライン発注 | お問い合わせ
                                          中国語バージョン | 英語を| espanol | Korean
                                          Copyright(C)2009, 常州市陽光薬業有限公司. All Rights Reserved. Supported by ChemNet ChinaChemNet Toocle
                                          国产午夜精品无码视频